重くなった体

出産を終えて、を出産前の状態にもどすために、ダイエットと合わせて生まれてこのかたしたことがなかった筋トレをしました。完全母乳で育児をしていたので、大してダイエットをすることができなかったのですが、筋トレはかなり夢中になってしました。おかげで、半年ぐらいでほぼ元のスタイルに戻すことができたという結果になりました。健康目的で歩くことによって痩せる時の注意点は、必ず続けて40分以上歩く事です。ウォーキングのような酸素をとり入れる運動で、脂肪が燃焼するのは、始めてから約30分後です。歩く事を10分や20分したくらいでは、脂肪は燃やされず、痩せることのききめはかなり薄くなってしまうので、注意する事が大切です。その昔、私がダイエットを決心した時、自宅でもできるダイエット方法として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を行い、筋肉量を増加して体内の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早歩きでの散歩を30分以上やりました。私の場合、これを毎日、毎日実行することで、2か月の間に5キロのダイエットに成功しましたが、続けることは根気がいりました。ダイエットには有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素はどう見分けるのか、区別ができません。良く聞くのは、息は上がるけれど、汗をかかない程度というのが境界線のようです。しかし、汗のかき方は気候によっても変わりますよね。もっとちゃんとした境界線などがあるとダイエットも成功すると思います。痩せるにはまずはあまり無理をしないことです。食事制限をするダイエットは確実に痩せますが、悪影響もあるのです。私の場合は生理が止まってしまったのです。排卵が止まってしまって、婦人科で薬を処方してもらって治しました。あまり頑張りすぎると長続きしないということが経験から分かりました。日頃から、歩くときにお尻に力を入れて大股で歩くだけでも変化が出てきます。ダイエットしている時の間食は絶対ダメです。間食で食べたものが、いくらお菓子などではなくても、口にすれば太るという事実を忘れないでください。我慢のしすぎもいけませんが、一日三度の食事をしっかりとって、あとは食べたい欲求をコントロールできるように体質を変えていきたいですね。仕事場でのスタッフとのストレスで、ここ最近、自分でも怖くなるくらいに過食しています。頬にも顎にも二の腕や、お腹周りにも、お肉がついてぷよぷよで、どうにかスリムになりたいなと、考えているのですが、なかなか、体を動かす暇がありません。

こんなタイミングで、簡単にスリムを手に入れる薬があったらいいのになって思います。大変な思いをしないでスリムになる薬があるのだったら、1万や2万でも払う気はありますね。それくらい切羽詰ってます。ダイエットに役立つ運動といえば、ウォーキングです。とにかく痩せるためには、カロリー消費が大切なので、使ったカロリーが多いジョギングや有酸素運動やサイクリングなどの運動がいいと思います。併せて、体を引き締めて強弱のあるボディラインを作るためには筋肉を鍛えるのもおすすめです。前に、炭水化物を少なくするやり方で減量を目指したことがあります。しっかり噛むことで、十分に満足しようとしたけれどきつかったです。日本人ですので、時には、ガツンと白いごはんを恋しく思います。ですから、今は、夜は炭水化物の飲食を控えるけれど、朝と昼は何も気にせずに、ちゃんと食べるようにしています。ダイエット期間中に、どうしても甘い物を食べたい欲求にかられた時に飲食する物は、若い頃から寒天です。寒天は色々な味付けにできるので、飽きることがありません。特別、缶詰みかんが入った牛乳寒天と、さいの目に切った味なし寒天にきなこをふんだんにまぶして黒蜜を少々かけたものが大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です